男たちの大和

試写会見てきました。
「男たちの大和」

戦争映画というカテゴリーを超えて、
色んなテーマが盛り込まれた映画だと思います。
家族であったり、恋人だったり、友達との友情だったり・・・。
そんな大切な人を守るため、亡くなっていった人たちの
思いがここに。
戦闘シーンはかなり激しいです。
でも本物の戦闘が当時の大和の上であったのですよね。
辺見じゅんさんがご遺族や生存者の方々の話から
聞いて書き下した原作を映画化したのですからリアルなわけです。

戦後60年。
だんだん戦争を体験された方も少なくなってきていますが
私たち大人が後世にこういうことを語り告いでいかなければなりませんね。
単なるゲーム感覚だったり、自分の気に入らないことで
簡単に殺人に及んだりする未成年が増えている最近の世の中。
「命の尊さ」について今一度、子供と一緒に考えてみたいものです。

そうそう、余談ですが、
上映前、佐藤監督、原作の辺見じゅんさん、そして反町隆史氏、山田純大氏、
松山ケンイチ君の舞台挨拶がありました。
反町氏・・・素敵でした。(*^^*)ポッ
公開は12月17日です。
[PR]
by calmgarden | 2005-11-14 23:38 | 生活
<< ミクニサッポロ 支笏湖 >>